スワローズジュニア

「スワローズジュニア」とは

日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団は、2005年から野球少年に『プロ野球選手への夢の創出と教育』を目的にジュニアチームを結成し、年末に12球団ジュニアトーナメント大会を開催しています。

ヤクルト球団は、子供たちに野球を通して助け合いの心を養い、チームメイトを尊敬し、競技に対する向上心を養う『スワローズジュニアチーム』の選手(2014年度)を公募いたしました。

7月27日(日)・28日(月)の一次選考会に388名の選手が参加し、一次選考を通過した約100名が二次選考会に挑み、全員が走攻守に力いっぱいのプレーを見せてくれました。

厳選な選考の結果、2014年度の代表選手を下記の通り決定いたしました。

今回、代表選手に選ばれなかった選手の皆様は残念な結果でしたが、これからも野球を続けて甲子園あるいはプロ野球選手を目指して頑張ってください。

代表選手は、今後9月6日(土)の結団式を皮切りに練習・練習試合を行ない、12月末の本大会での優勝を目指します。あたたかいご声援をよろしくお願いいたします。


2014年スワローズジュニアメンバー

  • スタッフ
背番号選手名ふりがな経歴生年月日
19
梶間 健一
かじま けんいち
日本鋼管−ヤクルト(投手)
1952年8月30日
51
熊田 智行
くまだ としゆき
大阪商業大−ヤクルト(捕手)
1963年8月16日
29
三上 真司
みかみ しんじ
敦賀気比高−ヤクルト(投手)
1979年9月1日
  • 選手
背番号選手名ふりがな所属チーム名生年月日
1
度会 隆輝
わたらい りゅうき
東京北砂リトルリーグ
2002年10月4日
2
小池 瑛太
こいけ えいた
塚沢リトルジャイアンツ
2002年10月12日
3
木村 廉
きむら れん
品川レインボーズ
2002年5月15日
4
青木 健人
あおき たけと
原市ビーバーズスポーツ少年団
2002年6月27日
5
川田 智也
かわた ともや
東立石マイティーズ
2002年5月19日
6
小野寺 翔真
おのでら しょうま
江戸川台フェニックス
2002年7月12日
7
田畑 来樹
たばた らいき
新曽北ドルフィンズ
2002年10月27日
8
金子 力也
かねこ りきや
両新田レオーズ
2002年9月7日
9
前崎 翔太
まえさき しょうた
大宮ファミリーズ
2002年5月12日
10
奥山 颯斗
おくやま りゅうと
東伊興シャインズ
2002年7月18日
11
国森 睦
くにもり あつし
下川ライオンズ
2002年6月6日
12
柳沼 勇輝
やぎぬま ゆうき
YOUフレンドクラブ
2002年6月14日
13
狩野 義貴
かの よしき
戸二小ジャガーズ
2002年9月9日
14
中沢 海斗
なかざわ かいと
美里少年野球スポーツ少年団
2002年8月15日
15
栗林 大知
くりばやし だいち
東練馬リトルリーグ
2002年5月21日
16
方伊儀 直明
かたいぎ なおあき
仲宿ファイターズ
2002年5月23日
17
中山 琉唯
なかやま るい
江川野球スポーツ少年団
2002年5月27日
18
明石 龍之介
あかし りゅうのすけ
蒲谷キングス
2002年12月11日

NPB12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2014

本大会は、一般社団法人日本野球機構とプロ野球12球団が連携し、「子供たちが“ プロ野球への夢 ”という目標をより身近に持てるように」という考えのもとに企画されました。 参加チームは、各球団のOB選手が監督に就任し、小学5、6年生で編成されます。

子供たちが野球に取り組む「目標」の一つとして「日頃の成果」を「特別な舞台」で発揮する機会を提供し、更なる野球への意識向上を図ることを大きな目的として開催しております。 プロ野球選手のような体験と共に、野球というスポーツを通じて、喜びや悔しさ、そしてさまざまな経験をもとに、夢に挑戦をしていただきたいと願っています。

NPB 12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUPは2005年から始まり、今年で10年目を迎えました。 昨年までにこの大会に出場した選手の中から8名がプロの舞台に立ち“プロ野球選手の夢”を叶えています。 今年も“選ばれしジュニア達”の最高峰の大会にご期待ください。


  • 名称
    NPB12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2014
  • 主催
    一般社団法人日本野球機構/プロ野球12球団
  • 会期
    2014年12月28日(日)〜30日(火)
  • 会場
    福岡ヤフオク!ドーム
  • 特別協賛
    JX日鉱日石エネルギー株式会社
  • 出場チーム
    プロ野球12球団ジュニアチーム

ページのTopへ戻る